Mediascape サポートポータル

『東方幻想麻雀』Ver 1.1.0パッチを配信開始しました。
キャラ・卓追加を伴う初めての大型アップデートとなります。

機能追加

  • 『東方鬼形獣』『東方酔蝶華』から全8キャラを追加。
  • 新たな卓『畜生界』を追加。幻想麻雀シリーズ初の花牌ルールです。
  • ローカルネットワーク対戦を追加。同じLANに繋いだNintendo Switch同士で対局ができます。
    ※Nintendo Switchを無線で直接繋ぐ、これまでの「ローカル対戦」は「ダイレクト対戦」に名前を変更しました。
  • インターネット対戦で、対局室の絞り込み機能を追加。「対局室の名前(部分一致)」「ルール」「対戦人数・長さ」「能力有無」で卓を検索できます。
  • フレンド登録したプレイヤーが立てた卓だけを検索する機能を追加。
  • ゲームオプションにて、「Rボタンでのツモ切り」と「リーチBGM再生」をON/OFFできるようにした。

改善・変更・修正

  • 三人打ちの初期持ち点を四人打ちより高くした。
    ただし、以下に該当する卓は持ち点は変わりません。
    • 四麻の時点で原点が50,000点以上ある卓……霧雨魔法店・紅魔館・天界の石舞台・灼熱地獄
    • 競技ルールをベースとした卓……永遠亭・能舞台
    • 原点が低いこと自体に意味がある卓……白玉楼
    • 三人打ち専用卓……人間の里
  • 待機画面で、対局室名称を出すようにした。
  • シングルプレイのキャラクター選択時、能力説明が出るようにした。また、Yボタンでキャラをランダムに選んで開始できるようにした。
  • 白玉楼での能力ゲージの増加量を調整。ゲージの進みが重かったキャラについては補正が入るようになります。
  • 能力ゲージの、順位による増加量補正(下位ほどゲージの増加がやや早まる)を若干拡大。
  • CPUの打牌アルゴリズムを変更。リーチや役牌以外の手役も狙うような動きをするようになりました。
  • ほか、一部不具合の修正。

すでにパッチ配信は始まっております。もしゲームを起動したままの場合は、一度ゲームを終了していただき、オプションメニューより「ソフトの更新」を行ってパッチが適応されたことを確認してください。

引き続き、不具合については調査・修正を続けてまいります。機能追加のご要望についても拝見しております。可能なものは今後のアップデートにて取り入れていければと考えております。

これからも『東方幻想麻雀』をよろしくお願い申し上げます。

本サポート情報は 2020年10月23日,7:59 PM に掲載されました。サポート内容は投稿時の状況に基づくものです。

東方幻想麻雀

制作元
D.N.A. Softwares
対応機種
Nintendo Switch
発売日
2020年01月30日

 この作品について問い合わせる

 作品のWebページを開く


© Mediascape Co.,Ltd. 禁無断転載
"PlayStation","PS4"はソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
ほか、記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。